【妊活中】セックスについての都市伝説

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

妊活中のセックスについて

 

気になる質問にお答えします。

 

あなたも気になっているかもしれません。

 

 

これそうなんだ。

 

とスッキリすると思います。

 

 

では、読み進めてください。

 

 

 

セックスの時間や体位などで

妊娠率は変わりますか?

 

この質問は本当に多いです。

プライベートすぎて

話しにくいですし

正しい答えが返ってくるかも

 

わかりませんよね。

1、時間帯

朝に性行為をすると妊娠しやすい、

 

という都市伝説を

 

聞いたことがあるかと思います。

これには実際のところ

 

なんの根拠もないんです。

医学的には証明されていません。

ただ、私の個人的な考えでは

 

朝は男性ホルモンの「テストステロン」が

分泌が多くなっていたり、

 

女性側も神経を興奮させる

ノルアドレナリンが

 

多く分泌されているため

身体が夜よりもセックスに

 

適した状態であると思われます。

 

朝の方が義務感ではなく、

 

感情でセックスできるということです。

また、男性はセックスの時間帯が

 

変われば興奮します。

 

結婚生活も進むにつれ

 

必ずマンネリは出現します。

 

そんなときにこそ、朝方に変更するのも

 

良いですね。

 

朝は精子が元気になってるのも

 

覚えておいてください。

2、回数・頻度

禁欲期間を設けることで、

 

精子濃度が濃くなり

 

精子の数も増えて

妊娠しやすくなる。

 

とクリニックで言われることが

 

あります。

 

しかし、禁欲期間の精子は

 

死んでしまう数が増えます。

そうすると

死んでしまった古い精子は

 

運動率がもろに低下してしまう

 

ことが確認されています。

禁欲期間は設けず、

 

また古い精子を溜めてしまわないことが大切。

週3のペースで射精するのが

 

ベストです。

3、体位

セックスの体位についても色々な

 

噂がありますよね。

しかし、体位と妊娠率に大きな関連性は

ないとされています。

むしろどのような体位でも妊娠の可能性は

あるので、

 

体位にこだわらず

リラックスした状態で行うことを

意識することが大切です。

 

 

リラックスしているときは

 

気持ちの良いセックスになります。

 

 

 

これらのことから

 

 

あまり意識しすぎて

 

義務感が強くならずに

 

二人の時間を大切に

 

過ごして

 

感謝しながら

 

時間を過ごすと

 

自然とセックスできるかもしれません。

 

 

時間とか関係なしに。

 

 

これも妊活を楽しむことに繋がりますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました