コロナ禍で溜まったストレスを解消する食事とは!?

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

コロナ禍でいつの間にかストレスが

 

溜まっていませんか?

 

 

 

ストレスを少しでも解消する

 

コツをお伝えいたします。

 

 

 

私は旅行やカフェでお茶をするのが

 

大好きなので

 

自粛生活の当初は

 

ストレスに

 

なっていました。

 

 

 

でも今はストレスは少なく過ごせています。

 

 

 

妊活にストレスはよくないとわかっていても、

 

発散する方法が限られています。

 

 

それが天気の良い日や涼しい日に限られると

 

なおさら制限されてしまい

 

ストレスが重なってしまう。

 

 

そこで

 

私が注目したものが

 

幸せホルモンです。

 

 

 

幸せホルモンとはセロトニンと呼ばれる

 

神経伝達物質のことで、ストレスを減らし

 

精神面を安定させる働きを持っています。

 

 

 

コロナ疲れでストレスの多い今だからこそ

 

幸せホルモンであるセロトニンの力で

 

穏やかに過ごして頂きたいと思っています。

 

 

 

実は

 

セロトニンは毎日の行動や食事を意識する

 

だけで増やすことができます。

 

 

 

例えば

 

毎朝5分だけ朝日を浴びる、

 

好きな音楽を聴く

 

よく噛んで食べるなど

 

生活の中で簡単に

 

できることで

 

セロトニンは生成されます。

 

 

 

 

また、セロトニンの材料のひとつである

 

トリプトファンという物質は体内で

 

生成することができません。

 

 

 

 

トリプトファンはセロトニン生成に

 

欠かせない必須アミノ酸のひとつです。

 

 

 

 

食品からバランスよく摂取する

 

ように心掛けましょう。

 

 

 

 

トリプトファンは大豆などに多く

 

含まれていてビタミンB6により

 

分泌が促されます。

 

そのため

 

カツオや鶏肉、バナナなどと

 

合わせて食べると効率よく摂取できます。

 

 

 

 

私はトリプトファンを効率よく摂取するために

 

 

毎日具沢山の味噌汁を

 

作ってもらっています。

 

 

 

もともと味噌はトリプトファンを多く

 

含んでいて、

 

鰹で出汁をとって

 

具材は豚肉やイモなど

 

ビタミンB6を含む食材を

 

加えています。

 

 

 

日常生活の中からセロトニンをたくさん

 

生成して、

 

いつの間にかストレスを解消している

 

身体になってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました