暑い夏に食欲が落ちるあなたはこれを食べてください

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

暑い日が続くと、食欲が落ちるあなたへ

 

 

夏になると自然と食欲が落ちる。

 

 

そんなときに食べて欲しいのが

 

蕎麦です。

 

 

白い麺類には

 

糖分が多く含まれているので

 

妊活中は蕎麦がオススメです。

 

 

 

ではなぜ蕎麦が良いのか?

 

 

栄養素をもとに説明していきます。

 

 

蕎麦にはルチンが含まれています。

 

ルチンというのは、ポリフェノールの一種で

 

強い抗酸化作用があります。

 

 

抗酸化作用は妊活の天敵である身体の老化を

 

防止する作用があります。

 

 

 

それに伴い

 

卵子や精子の老化も防いでくれます。

 

 

また、血管の老化も防いでくれるため、

 

毛細血管の弾力を若々しく保ち

 

血流をスムーズにして循環を良くしてくれます。

 

 

血流がスムーズになることで

 

身体の隅々まで血液が行き渡り、

 

全身に酸素が運ばれて

 

妊活中の悩みで一番多い

 

冷え性の改善にも繋がります。

 

 

亜鉛も多く含まれていて

 

亜鉛は女性にとっても

 

女性ホルモンの生成や、

 

妊娠の維持に重要な働きをしてくれます。

 

 

 

受精し着床後の細胞分裂や

 

胎児の成長にも大きく関わっているので

 

妊娠力アップには欠かせない栄養素です。

 

 

 

亜鉛は男性妊活にも

 

重要な働きをします。

 

 

 

精子の精製や前立腺の働き、

 

精子の運動を助けます。

 

 

亜鉛が不足すると精子が正常に

 

形成されないことに繋がるので、

 

男女ともに必須な栄養素です。

 

 

 

その他にもビタミンB群や食物繊維、

 

エネルギーの源となる炭水化物も

 

多く含まれています。

 

 

 

ちなみに、お蕎麦と一緒に

 

海藻類も食べるのが

 

キーポイントです。

 

 

妊活で大事な食物繊維には

 

水溶性植物繊維と不溶性食物繊維があり、

 

蕎麦には不溶性食物繊維が

 

そして海藻類には水溶性植物繊維が含まれています。

 

 

 

 

 

蕎麦と海藻類を食べ合わせることで

 

両方の食物繊維を摂ることができ、

 

腸内環境が整って妊活に必要な栄養が

 

吸収されていきます。

 

 

 

 

あと大事なことがあります。

 

 

暑いときでも身体を冷やさないために

 

温かい蕎麦を食べると

 

妊娠力アップが期待できます。

 

 

 

夏こそ妊娠力を高めて

 

年内に妊娠しませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました