『妊娠率が高く、流産率が低い身体』のカギは子宮内環境!?

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

“妊娠率70%の身体”を欲しい方は

 

他にいませんか?

 

 

 

妊娠率だけでなく

 

 

妊娠継続率、出産率は

 

 

両方ともに

 

50%以上です。

 

 

 

 

 

「妊娠率が高く、流産率が低い身体」

です。

 

 

 

 

 

妊活をしているあなたのゴールは

妊娠ではなく、

赤ちゃんを抱くことですよね。

 

そして育児を一杯一杯になりして

 

手が離れてきたら

 

こんなときもあったね。

 

と思うことですよね!?

 

 

 

今の私のように(^ ^)

 

 

 

でも現実は妊娠をゴールにしている人が

 

とても多い。

 

 

特に不妊クリニックは

 

妊娠がゴールです。

 

 

少しでも陽性反応でたら

妊娠扱いです。

 

 

だからか妊娠出来ても、流産してしまい

元気な赤ちゃんを産むことが出来ず

悲しい思いをする人もたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

特に、

「体外受精を3度もしている」

「人工授精を何度もしている」

 

 

 

それでも妊娠しないあなたは

 

 

もしかしたら

 

 

 

こんなことはありませんか?

 

 

 

・食べ過ぎてないのに太りやすい
・便秘がち
・肌荒れしやすい
・風邪をひきやすい
・疲れやすい
・ストレスを感じやすい
・落ち込みやすい

 

 

 

 

 

当てはまったあなたは、

赤ちゃんを抱ける確率が

たったの8%しかない身体になってるかもしれません。

 

 

 

 

 

★原因は、腸内環境!?

 

 

妊娠率70%の人たちの身体には

ある特徴があるんです。

 

 

 

それは腸内環境が整っていること。

 

腸内環境には

 

善玉菌と悪玉菌と日和見菌(ひよりみ菌)がいます。

 

善玉菌と悪玉菌と日和見菌の割合は

 

2:1:7

 

日和見菌は多い菌の味方をするズルい菌です。

 

善玉菌が多いので

 

善玉菌:悪玉菌が

 

9:1

 

になっています。

 

これが妊娠率70%の方の腸内環境です。

 

 

しかし、妊娠しにくい方は

 

悪玉菌が多く

 

善玉菌:悪玉菌が

 

 

1:9になっています。

 

 

腸内環境と子宮の状態はイコールですので

 

子宮も元気がなく乱れていると言えます。

 

 

 

★良い卵でも妊娠できない理由

 

 

では、なぜ子宮の状態が良くないと

妊娠しにくくなるのでしょうか?

 

 

 

その鍵になるのは「免疫」だと

考えられています。

 

 

 

そもそも受精卵は母体にとっては異物。

 

 

その受精卵を受け入れることで、

妊娠・出産が成立します。

 

 

 

ところが、子宮内に病原菌などが

存在している場合は、

その菌を排除しようとして

子宮内膜で免疫が高まりすぎて

受精卵を身体の外に出してしまいます。

 

 

 

 

 

もし着床できたとしても、

 

一時的な妊娠をしますが

 

 

その後の妊娠の継続は難しくなり

 

 

流産を招いてしまいます。

 

 

 

どれだけ良い卵子や精子、

受精卵を準備しても、

妊娠できない理由のひとつが

この子宮内環境に左右されています。

 

 

 

★腸内環境を整えて子宮内環境改善で妊娠・出産例も大幅にアップ

 

子宮内環境が整っている方は

出産できる確率が

倍以上も変わってきます。

 

 

 

★子宮内環境の整え方

 

 

では、妊娠率70%を目指し

子宮内環境の改善をするには

どうすればいいのでしょうか?

 

 

 

最も簡単な方法は

 

 

“お腹に溜まった悪玉菌だけを排泄し、

善玉菌のエサを増やすこと”

 

です。

 

これって正直無理です。

 

悪玉菌だけを排泄して

善玉菌のエサだけを

食べることは

現代では不可能です。

 

 

そしたら

 

腸内環境をリセットさせてから

 

定期的にリセットを繰り返すことが

 

大事になります。

 

 

現代では

 

継続することが

 

 

腸内環境を整えて

 

子宮環境を整える最良の

 

方法だと思います。

 

 

腸内環境を簡単にリセットする方法

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました