排卵障害の経験がある方は他にいませんか?

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

妊活を始めてから排卵障害の経験はありませんか?

 

年齢に関係なく誰にでも起こり得ることなので

不妊の原因としても多くを占めるものとなっています。

 

ではなぜ、排卵障害が不妊を招いてしまうのか?

 

詳しくお伝えしますので、

自分の身体の仕組みを知ってくださいね。

 

通常、卵巣から排卵された卵子が

 

卵管で精子と出会い

 

そこで受精となります。

 

 

しかし、排卵が起きないということは

卵子が出てこないので
精子が頑張って卵管まで登ってきても
受精することができません。

 

 

 

セックスの回数を増やしても

妊娠の第一歩が全く踏み出せない状態です。

 

 

 

妊娠は

卵子と精子が出会い

受精して

受精卵が子宮内膜に

着床することです。

 

 

排卵が重要な役割をしていることが伝わったと思います。

 

 

☆排卵障害の原因は?

 

主な原因は視床下部性(脳の問題)と呼ばれるもの。

 

そのほかには

多嚢胞性卵巣症候群と

高プロラクチン血症があげられます。

 

 

≪排卵の仕組み≫

 

脳の視床下部から

GnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)が出ます。

 

GnRHによって

LH(黄体化ホルモン)

FSH(卵胞刺激ホルモン)が分泌され

卵巣に届きます。

 

 

これらのホルモンによって

卵胞が成長し排卵が起こります。

 

しかし、排卵のもとである

GnRHというホルモンが出なくなり

それ以上働かなくなることがあります。

 

 

これが排卵障害です。

 

私が考える原因で

最も大きのは

ストレスだと思います。

 

 

身体的ではなく

精神的ストレスによって

生理が止まってしまうというケースが

本当に多く見られます。

 

 

☆生理不順の放置も排卵障害に繋がる

 

生理が短い

長い

周期のばらつきがあるなど

気になることがある場合は

排卵障害だけでなく

もしかしたら

婦人科疾患の可能性も考えられるため

受診してみたら良いと思います。

 

 

☆排卵障害の治療法は?

 

治療法は、主に薬剤の投与です。

 

クロミッドなどの排卵誘発剤を使用します。

 

 

ただし、この方法には、子宮内膜を劣化させ

着床をしにくくしてしまうという欠点があります。

 

なのでクロミッドを使用するときは

6ヶ月を限度として

使用すると良いでしょう。

 

☆排卵障害は改善できる?

 

できる限り

自分で改善できたら良いですよね。

 

排卵障害を改善するには

 

やっぱり

質の良い十分な睡眠をとる。

 

バランスのとれた和食中心の食事などで

生活リズムを整え

規則正しい生活をするだけで変わります。

 

 

リズムが乱れやすい

夜勤やストレスの多い職業の女性には

排卵障害の方が多いと言われています。

 

食事

睡眠

運動

この中で一番変えやすいのは

 

睡眠です。

 

早く寝るだけです。

 

 

やることが残っていても

寝ちゃいましょう。

 

そのやることは

旦那様が手伝ってあげてください。

 

奥様を元気にすると

家族みんなが元気になります。

 

旦那様よろしくお願いします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました