排卵障害を自力で改善してスタート地点に立つには?

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

不妊の原因の最も多いのが排卵障害。

 

 

その排卵障害を自力で改善させ

 

スタートラインに立てる方法を

 

私の経験をもとにお伝えします。

 

 

 

 

まず、排卵障害は年齢に関係ありませんので

 

年齢を気にすることはまったくありません。

 

 

 

ではなぜ、排卵障害が不妊を招いてしまうのか?

 

 

 

卵巣から排卵された卵子が

 

卵管で精子と出会い、

 

受精が起こります。

 

 

 

しかし、排卵が起きないということは

 

卵子が卵巣から出てきません。

 

 

 

どれだけ精子が頑張って

 

上ってきても

 

受精することができないのです。

 

 

 

つまり、妊娠のスタート地点に立てていない状態。

 

 

 

妊娠は、卵子と精子が出会い、

 

受精して初めて妊娠になります。

 

 

 

✳︎排卵障害の原因は?

 

 

排卵障害の原因は

 

なんと言っても

 

ホルモンバランスの乱れ

 

によるものです。

 

 

太りすぎや痩せすぎ、ストレスの影響を

 

受けます。

 

 

しかも、一度止まってしまった生理や排卵は

 

簡単には授かるリズムを取り戻せないのです…

 

 

 

体重・ストレスの影響を受けにくい身体になることが

 

一番早く解決できる方法です。

 

 

*生理不順も排卵障害に繋がる

 

生理が短い、長い、周期のばらつきがあれば

 

排卵障害だけでなく

 

その他の婦人科疾患の可能性も考えられるため

 

放置せずに受診してみて

 

ご自分の身体を知ることも大事な妊活です。

 

 

 

*排卵障害の治療法は?

 

治療法は、主に投薬です。

 

 

有名なものとして

 

クロミッドを使用します。

 

 

ただし、この方法には、子宮内膜を劣化させ

 

着床しにくくしてしまうという欠点があります。

 

 

 

そのため、6ヶ月を限度にして使用しましょう。

 

 

他にも、ホルモン製剤を注射する方法では

 

強制的に排卵を起こすこともできますが

 

双子や三つ子などの多胎となる確率が増加することや

 

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の発症リスクが高くなります。

 

 

 

重症な方だと卵巣が腫れるだけではなく

 

血栓症や多臓器不全などを起こして

 

命にかかわるケースもあるため

 

2〜3日に一度の通院が必要など慎重に

 

行なっていく必要があります。

 

 

 

 

*排卵障害は改善できる?

 

やっぱりできれば、

 

自分で改善していきたい。

 

 

排卵障害を改善するには、

 

質の良い十分な睡眠をとる、

 

バランスのとれた食事など

 

生活のリズムを整え、

 

規則正しい生活をすることが大切です。

 

 

 

そのため、リズムが乱れやすい夜勤や

 

ストレスの多い職業の女性には

 

排卵障害の方が多いと言われています。

 

 

 

 

ストレスや疲労から排卵障害になるケースが多いのが特徴です。

 

 

 

本当は妊活中にストレスが多い仕事の方は

 

休職か勤務時間や日数を減らして欲しいものです。

 

 

しかし、現状はそうはいきません。

 

 

だからこそ、今の環境のせいにするのではなく

 

その環境で自分の身体を守る力が必要です。

 

今まで妊娠された方はこんなやり方をされてました。

 

自分の身体を守り年内に妊娠しやすい身体を手に入れる

コメント

タイトルとURLをコピーしました