体外受精の結果を良くする3つの方法

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

体外受精の結果を良くする

 

3つの方法をお伝えします。

 

 

何十万と高額なので

1回で成功したいですよね。

 

 

自然妊娠・人工授精で

 

妊娠できないから

 

ステップアップしても

 

妊娠するかわからない。

 

 

 

体外受精を検討中の方

 

ステップアップしている方

 

ぜひ読んでくださいね。

 

 

 

 

 

体外受精の結果を高めるためには、

この3つのポイントが大切です。

 

 

1.質の良い卵子を育てる

2.質の良い胚に育てる

3.移植は環境の良い子宮にする

 

この3つのポイントが整えば

妊娠できると思います。

 

 

 

1. 質の良い卵子を育てられるか

 

 

実は、体外受精をすることにより

卵子の質が下がってしまう場合もあります。

 

・排卵誘発剤の使用で卵巣機能が低下…

 

体外受精をする時には、できるだけ

たくさんの卵をとり、たくさんの胚を移植して

妊娠率を上げるために、排卵誘発剤を

使用します。

 

 

薬により排卵誘発を起こす方法を

繰り返すことで

卵巣機能が低下し、生理周期が乱れたり、

卵の質を悪くしてしまう原因にもなります。

 

 

 

・卵巣にも体にも優しい方法は?

自然に任せた場合、毎月排卵されてくる

卵子は基本的に1つです。

 

 

1つの卵子でも

妊娠できる力があります。

 

 

その力を最大限に活かし

医療の介入をできるだけ少なくすることが

卵巣にも体にも優しく、もっとも重要な

卵子の質にもつながっていくと言えます。

 

 

 

そして

卵子の質は、受精卵へ。

 

受精卵の質は、妊娠へつながります。

 

たくさんの卵子を得ることが目的である

 

排卵誘発剤を使用する方法では

 

卵子の質は問いません。

 

 

卵巣への負担も大きくなります。

 

数が多くても質の良い卵子がなければ

 

妊娠へはつながりません。

 

 

あなた自身の力でより良い卵子を

育てておくことが大切です。

 

 

 

2. いかに質の良い胚に育てるか

 

体外受精では

採卵したけど受精卵ができなかった…

 

ということも起こりえます。

 

そしてこれはあなたにとって

心身ともに大きなストレスになります。

 

 

 

体外受精や顕微授精は、あくまでも

 

受精方法のひとつであって、

 

したからといって卵の質が良くなることはありません。

 

 

そのため、いかに質の良い胚を育てるかも

妊娠するためには大切なことになります。

 

 

 

・良い胚は、良い卵子から

 

胚の分割が途中で止まってしまい、

 

移植ができなかったということもあります。

 

 

受精は卵子と精子の力で行われるものですが

 

肝心の受精卵の発育不良の原因は

 

卵子自体が悪いことがほとんどだと言われています。

 

 

もともとの質が悪ければ、胚の質を良くすることは

 

残念ながらできません…

 

そのため、受精卵の成長が止まってしまう方や

 

初期胚移植でうまくいかない方は

 

卵子から見直し、良い卵子を育てることが重要です。

 

 

3.いかに環境の良い子宮に移植するか

 

しっかり育てた胚盤胞を子宮に戻すとき、

 

その子宮内の状態が必ずしも胚にとって

 

着床しやすい環境ではないことが多いです。

 

 

クリニックによって方法やタイミングなども

 

様々ですので、自分に合ったクリニック選び、

 

また、着床しやすい子宮環境を整えることも

 

必ずしたいですね。

 

 

いかがでしたか?

 

体外受精を行う際には参考にしてください。

 

 

また、より着床しやすく、

妊娠しやすい卵を育てることは

体外受精に限らず、妊娠を望むすべての方に

とって重要です。

 

そのため先ほどもお伝えした

3つを同時に高めてあげてください。

 

何をしたら良いのか分からない方へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました