妊娠中の歯周病が赤ちゃんに及ぼす影響

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

歯医者さんには行かれてますか?

 

 

妊娠中に歯医者さんには行けない

 

のは聞いたことがあるかもしれません。

 

 

 

 

妊娠中に歯周病があると

 

赤ちゃんにとって命の関わる

 

危険性があるんです。

 

 

 

 

なぜ、妊娠前に歯医者さんに行って

 

丈夫な歯を作らないといけないのか?

 

 

 

しっかり知識として

 

記憶しておいてください。

 

 

妊娠前にできることは

 

赤ちゃんのために

 

 

やっておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

最近では

 

予防歯科という言葉が

 

一般的になってきましたよね。

 

 

 

 

歯医者さんは

 

歯が痛くなったなどの

 

不調を感じてから

 

行くものって思われがち。

 

 

 

実際に私もそうでした。

 

 

 

あの匂いと音が苦手で

 

歯医者に行くと

 

力を込めるので

 

帰ってきたら疲れて動けない。

 

 

こんな歯医者さん生活です。

 

 

 

でもね、

 

調子が悪くなったり、

 

痛みを感じてから

 

受診した場合って、

 

実は病状が進行しきった状態。

 

 

 

 

結構な確率でアウトです。

 

抜歯をされたり

 

銀歯を入れられたり

 

 

ということが多いんです。

 

 

 

そうすると

 

完治までに時間がかかり

 

 

治療費がかさんでしまったり、

 

 

予想外のことが多々現れます。

 

 

 

 

ここからが大事な話です。

 

 

 

 

実は良く耳にする歯周病が

 

胎児に影響を及ぼす

 

可能性があります。

 

 

だから、

 

妊活中の歯医者さんは

 

とってもオススメです。

 

 

 

妊娠中ではありませんよ、

 

妊娠前の妊活中です。

 

 

 

妊活中にをオススメする理由は、

 

 

歯周病が妊娠に影響を与えることや、

 

 

妊娠中に歯医者に通えないこと

 

 

産後は自分の時間が取れないことが

 

当てはまります。

 

 

 

この中でも特に気になるのが

 

歯周病が妊娠に与える影響について

 

ですよね。

 

 

 

 

一般的に妊娠すると、

 

歯周病にかかりやすく

 

なるといわれています。

 

 

 

これには、

 

女性ホルモンが大きく関わっています。

 

 

 

その中でも特に

 

エストロゲンの関与が大きいのです。

 

 

 

 

このエストロゲンが

 

特定の歯周病原菌の

 

増殖を促進するとされていて、

 

 

エストロゲンが

 

増加するとともに

 

妊娠性歯肉炎に

 

かかりやすくなります。

 

 

 

 

しかし、

 

歯垢がない口腔内では

 

歯肉炎は起こりにくく、

 

起こったとしても軽度だと

 

いわれています。

 

 

 

歯垢は歯医者さんで綺麗に除去できるし、

 

ましてや時間がかかるものでは

 

ありません。

 

 

 

妊活中に口腔内を綺麗にしておくことで

 

妊娠性歯肉炎を予防することができます。

 

 

 

また、妊娠している女性が

 

歯周病に罹患していると、

 

早産や

 

低体重児の出生の

 

可能性が高くなることが

 

わかっています。

 

 

 

せっかく妊娠したのだから

 

妊娠前に防げる

 

リスクはできるだけ

 

避けたいものですよね。

 

 

 

いつ妊娠するか分からないので

 

早めに歯医者さんの予約を

 

入れてくださいね。

 

赤ちゃんを守ってくださいね。

 

 

赤ちゃんを守るのは

 

ママですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました