私はこれで夏バテを解消しました

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

30度を超える猛暑、夏バテしていませんか?

 

夏は暑いけれど、行きたいところがたくさんありますよね。

 

山登りや海、ハイキング、遊園地など他にもたくさんあります。

 

遊んだ次の日は大抵疲れ切っていて、ゴロゴロしていて生活リズムが

 

崩れてしまう。

 

 

そんな経験はありませんか?

 

 

私も以前はありました。

 

遊びに行ったのに疲れてゴロゴロ。

 

イライラして不機嫌になってしまったりと。

 

でも今は全くそんなことはありません。

 

遊びに行ってどれだけ疲れたとしても

 

その日もそれほど疲れを感じず

 

次の日もいつも通り4時に目が覚める。

 

 

私が実際にやっている方法をご紹介します。

 

 

遊びに行った日はやってみて下さい。

 

 

 

 

とてもシンプルです。

 

 

1、ぬるま湯(38~39度)で半身浴を30分

 

 

2、寝るときの冷房を28度に設定して3時間後にタイマーでオフ

 

 

この方法です。

 

詳しくお伝えします。

 

1、ぬるま湯(38~39度)で半身浴を30分

 

外で遊ぶと暑さや楽しさで交感神経優位になります。

身体と心が興奮状態です。

そこで帰宅されたら

ぬるま湯(38~39度)で半身浴を30分することで

副交感神経優位に変わります。

これだけでリラックスできますが、

私は半身浴にプラスして

映画鑑賞もしています。

好きな映画です。

これがリラックス効果を増大させてくれます。

 

 

2、寝るときの冷房を27度に設定して3時間後にタイマーで切る

 

外では日焼けをしたり、汗だくになります。

 

帰宅後は冷房の温度を24度と低めで気持ち良いと思います。

 

そのままの温度で寝てしまうと

 

副交感神経優位のリラックスした身体が

 

段々と寒さに耐えるように

 

交感神経優位になってきます。

 

 

そのため、寝るときの温度を27度と設定し

 

その後身体が冷え込みます。

 

冷え込むと足が冷たくなります。

 

 

その冷えた状態では熟睡はできず

 

夜中に目が覚めてしまいます。

 

 

この2つは実際に私が何回もトライして

 

夏バテに負けない身体になった方法です。

 

個人差はあると思いますが

 

設定温度や半身浴でのリラックス方法を

 

自分で微調整してみて下さい。

 

夏バテを防ぎ、夏を好きな季節に

 

少しでも変えられたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました