コロナ禍だからこそできる女性ホルモンの分泌を高める習慣

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

コロナ禍で外出自粛していると

 

ストレス溜まってきませんか?

 

そうすると

 

 

ストレスに対抗するホルモンの分泌が多くなり

 

最終的には妊娠に必要な女性ホルモンの分泌が減少します。

 

生理周期がバラバラになるのも

 

それが原因の一つです。

 

 

そこでコロナ禍で家にいる時間が多いときだからこそ

 

是非やって欲しいことがあります。

 

 

女性ホルモンの分泌を過剰にする方法。

 

それは

 

パートナーとイチャイチャして

 

肌と肌が触れ合うことです。

 

できれば裸で抱き合うことが望ましいです。

 

これは無理だよ。

 

恥ずかしい。

 

と言ったら無理で恥ずかしく女性ホルモンは増えないです。

 

そのままセックスするのもとても良いと思います。

 

 

何より、自然です。

 

 

排卵日だからと言って

 

構えるのは逆に不自然ですしね。

 

コロナ禍で外出できないからストレスを感じるよりも

 

外出できない環境だからこそ

 

身体に良いことを探して下さいね。

 

 

コロナが終わったら

 

自粛が解除されたら

 

これはどうにもなりません。

 

だったら自分ができることをやる。

 

赤ちゃんに会うために必要なことをやる。

 

ママになるために必要なことをやる。

 

最終的に何が言いたいかというと

 

毎日楽しく過ごすことが大事

 

心の底から笑えることを探して下さい。

 

ストレスもどこかに消えていきますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました