不妊治療での〇〇な負担を取り除いて妊活を卒業する方法

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

今回、不妊治療のデメリットである

 

〇〇な負担について、

 

一緒に

 

考えてみましょう。

 

 

不妊治療にはさまざまな負担があります。

 

 

体力的な負担、

 

精神的な負担、

 

金銭的な負担、

 

生活・仕事との両立・・・

 

 

いろいろありますが、

 

 

全て

 

精神的な負担につながっていると思います。

 

 

 

不妊治療のすべてが、

 

大きな精神的負担の上に

 

あるということです。

 

 

 

不妊治療における精神的な負担として、

 

やはり金銭的な問題が

 

大きくありますよね。

 

 

 

 

不妊治療においては、

 

国からの援助というものは

 

ほとんどなく、

 

大半が自己負担です。

 

 

 

 

 

医療費控除や、体外受精の場合は

 

都道府県から少額の補助はありますが、

 

それでも、高額な治療費からすると、

 

ほんのわずかです。

 

 

 

 

治療が長引けば長引くほど、

 

経済的な負担は大きくなります。

 

 

 

 

治療費を考えると

 

退職できず

 

正社員を続けるか

 

パートをするか

 

仕事をしながら

 

通院するのは

 

時間的に非常に難しいと考えられます。

 

 

 

 

 

 

働きに行くと通院ができなくなる。

 

通院を優先すると治療費の問題が出てくる。

 

と悪循環になり

 

それがいずれ

 

精神的に病む方が多いです。

 

 

 

また、体力的な負担では、

 

通院ということが大変な労力です。

 

 

月に一度という通院ではなく、

 

2日おきの通院などを

 

繰り返さなくてはならず、

 

また、待ち時間も長いので、

 

体力的に負担を感じる人が多いです。

 

 

 

 

そして、それらに加えて、

 

大きな負担というと、

 

「終わりが見えない治療」

 

ということになります。

 

 

 

 

不妊治療というのは、

 

夫婦で取り組むものです。

 

治療の終わりというのは、

 

妊娠して子どもを授かるという事ですが、

 

不妊治療というのは「必ず結果が出る」

 

というものではありません。

 

 

 

 

どれほど頑張っても、

 

結果がともなわないかもしれない

 

それが不妊治療なのです。

 

 

 

それゆえ、

 

大きな精神的な負担になります。

 

 

この不妊治療の

 

精神的な負担を無くさない限りは

 

良い卵子と良い精子が

 

出会うことが

 

少なくなってしまいます。

 

 

不妊治療を必要とする方も

 

多いのも事実。

 

 

終わりの見えない不妊治療

 

から

 

ゴールが見える不妊治療

 

にシフトチェンジしては

 

いかがでしょうか?

 

 

 

不妊治療から精神的な負担を

 

取り除きたい方は

 

こちらをクリック。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました