卵子の老化を防ぐ方法

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

生活習慣が乱れると

細胞内のミトコンドリアが減少し、

卵巣年齢も高くなります。

いわゆる「卵子の老化」と言われているものです。

 

 

本日はその卵子の老化を防ぐ方法を

 

お伝えします。

それには生活習慣の乱れを改善することが大事です。

それにはまず

栄養バランスのよい食事を摂ることと、

食品添加物を摂り過ぎないことです。

それは炭水化物・脂質・タンパク質

ビタミン・ミネラルを十分に摂ること。

これは体に必ず必要とされる

必須栄養素をしっかり満たすことで、

ミトコンドリアが増え

卵子が元気になります。

特に不足しているビタミンとミネラルが

重要な役割を果たします。

食事だけでは十分な量が摂りにくいので

サプリメントを活用するのも手です。

外食や冷凍食品は、添加物を多く摂ってしまう

可能性が高く、体内の活性酸素を増やし、

細胞が老化することになり、

卵子の育成を妨げてしまいます。

また女性のからだに冷えは大敵。

特に下半身の冷えです。。

季節問わず靴下やストール、

下着などで調節して体を随時温めましょう。

血液が体の各部署に栄養を運ぶので、

血流が悪いとせっかくとった栄養も

体に行き渡りません。

逆に体の血流がいいと子宮内膜に温かい血液が循環し

 

子宮の状態もよくなり、受精卵の着床率が

大幅に上がります。

また、ストレッチやウォーキングなどの

有酸素運動で血液のめぐりを

よくすることが、

卵子の質を高める

「ミトコンドリア」の量を

増やします。

細胞内で、栄養素からエネルギーを

産生しているのは、

「ミトコンドリア」とよばれる

細胞内器官です。

この「ミトコンドリア」の数が多く、

活動が活発な卵の元になる細胞ほど、

質の良い卵子に発育、成熟します。

そして次にストレス対策です。

人の体はストレスを感じると、

活性酸素の量が増え、

細胞がサビて老化します。

細胞の老化は、

卵巣年齢の老化にモロに影響します。

ストレスが掛かると

 

体の血流を阻害し、

冷えも招きます。

ストレスをなくすのは難しいので、

受け流せるようにあなただけの

対処法を見つけてくださいね。

ひとつひとつはとても基本的な内容です。

でも、この生活の基礎をしっかり整えて

体を元気にすることが、

妊娠力につながります。

自分の体を大切にして、

質の良い卵子を育て

熟成できる環境を作ってくださいね。

身体を元気にする鍵は

「ミトコンドリア」です。

 

 

ミトコンドリアを早く活性化させて

卵子の質を高めてくださいね。

 

今まで妊娠した方は

ミトコンドリアを活性化することを特化してきました。

 

ぜひあなたも早く妊活を卒業して

ママになりましょう。

 

 

ミトコンドリアをいち早く活性化する方法はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました