妊活あるある「夫婦編」

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

「今日は排卵日だから早く帰ってきてね」

 

旦那にそう伝えているあなたへ

 

妊活あるあるなので是非最後まで読むと相手のことを理解できると思います。

 

夜。

 

約束したのに・・・

夫はなかなか帰ってこない…

「残業だった。ごめん。」

と夫

「仕事だもんね。仕方ないよね…」

妊活を始めた当初はそう思ってた。

でも、タイミングが取れない日が

3か月、4ヵ月と続いていく……

夫「急に飲みに誘われたから…。付き合いも大切だし。」

妻「そうだね。仕事だもんね。仕方ないね…」

また時間は過ぎていく…

あるタイミング日のとき。

決して早くはないけど、

帰ってきてくれた。

今日なら大丈夫。

と思った矢先…

夫「ごめん…今日はすごく疲れてて…」

妻「もう!赤ちゃんほしくないの!?」

「私だけ頑張ってるじゃないの」

これは本当によくあるお話です。

「妊活あるある」の1つとなっています。

夫は忙しい。

それは仕方のないこと。

分かってる。

それは十分に分かってる。

だけど・・・

「そんなこと言ってたら、一生赤ちゃんなんてできないじゃん!」

と思ってしまうのは当然のことです。

でも…

いったん

その気持ちは外に出して。

そして、ちょっと立ち止まって

考えてみてください。

赤ちゃんはあなた1人だけでは

授かることができません。

ご主人と2人で行動して、赤ちゃんが授かれます。

 

誰の子どもが欲しいのですか?

**************************
夫婦で愛し合うこと
**************************

まずはそれが、

”妊活の始まり”です。

そこから、妊活が始まります。

夫婦生活がついつい義務的になってしまうことに

悩まれるご夫婦がいらっしゃいます。

「夫が協力してくれない」

と悩む妊活女性が

本当にたくさんいらっしゃいます。

夫婦は赤ちゃんを授かりたいために

妊活を始めます。

でもいつしかそれが

「赤ちゃん」

という夢を追いかけ、必死になり過ぎると、

2人が「妊活」を始めたきっかけを

見失ってしまいます。

夫婦2人が愛し合った結果、

「2人の赤ちゃん」が欲しいと思い、

妊活を始めるのです。

愛し合って、自分たち自身で

「2人の赤ちゃんがほしい」

と決めて始めたコトが「義務」になるのは

おかしいのですよね!?

…とはいえ、お互い忙しく働き、

生活をしていると、

すれ違いが起こってしまうのは、

仕方のないことと思います。

そこで、しばらくは妊活の始まり

「夫婦」をテーマにブログを書いて行こうと思います。

あなたは誰の子どもが欲しいのですか?

 

もう一度考えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました