妊活に白砂糖は禁物!もっと禁物なのは○○○

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

妊活に白砂糖がいけないのはなんとなく知っている方も多いと思います。

 

でも、もっと妊活に不適切な砂糖があります。

 

それは三温糖。

 

なぜ三温糖がいけないのか?

 

これについてお伝えしていきます。

 

全てには理由があります。

 

その理由を知識に変えることで

 

大事な家族。

 

そして

 

生まれてくる赤ちゃんを守ることができます。

 

是非知識にして頂けると幸いです。

 

まず初めに簡単な知識からお伝えしていきます。

 

 

 

 

妊活中には様々な食品を制限しなくてはならないですね。

カフェインや油など。

でも実は、私たちに身近な「砂糖」も避けた方が良いです。

どのご家庭にもある、砂糖。

お砂糖には二通りあります。

色の白い「白砂糖」

色が茶色っぽい「黒砂糖」

どちらも原料はサトウキビなど植物の

しぼり汁なのですが、精製方法が違います。

主に上白糖やグラニュー糖といった白砂糖は

精製によってビタミンやミネラルを含む

不純物を取り除いて白くしています。

一方の黒砂糖(てんさい糖やきび糖などの茶色い砂糖)は

そもそも精製していないので

自然なままの色をしているんです。

妊活中に避けていただきたいのは最初にお伝えした「白砂糖」です。

身体は糖分を摂取すると

体内でビタミンBやカルシウムと結びつきエネルギーとして分解されます。

けれど、白砂糖にはそれらの成分がないのでエネルギーに変わる時、

体内にあるビタミンBやカルシウムを消費してしまいます。

つまり白砂糖を摂取すると

体内のビタミンBやカルシウムはなんとマイナスになってしまいます。

ビタミンBは血液を作る為に必要で不足すると血液不足に繋がってしまうんです。

そうすると子宮や卵巣に充分な血液が送られず、妊娠する力が弱まってしまいます。

そしてカルシウムが不足してしまうとそれを補う為に分泌する副甲状腺ホルモンの働きにより、基礎体温が不安定になります。

そしてカルシウム不足はイライラの原因になります。

妊活においてイライラは天敵です。

 

なるべくリラックスするのが良いですね。

製菓品は上白糖やグラニュー糖を使用した物が多いので、製菓品を買っているとすれば避けてみると良いと思います。

普段のおやつをナッツに置き換えてみるとカロリーも控えられます。

糖分摂取も控えられます。

また野菜ジュースやスポーツドリンクなどの甘い飲み物にも多くの砂糖が使用されているので

麦茶やルイボスティーなどがいいです。

 

個人的には白湯がおすすめです。

ここから本題です。
白砂糖が悪いので

茶色い「三温糖」が良い。

 

これが最も危険な過ちなんです。

三温糖は白砂糖を精製する時に残った液体を

煮詰めただけのものなので、白砂糖同様

ビタミンBやミネラルは含まれていません。

添加物にカラメル色素を用いている場合もある。

 

焦がした砂糖は「糖化」といい、体を老化させる物質です。

 

「カラメル色素」という添加物で色付けている三温糖も中にはあります。

 

カラメル色素は発がん性のある物質です。

 

白砂糖から作られるので、体を冷やす性質があります。

 

妊活中に砂糖を見直し、そのまま使用を控えるまでにできたら良いですね。

 

妊活中に身体に良いもの、悪いものの知識がつくと良いと思います。

 

また食品についてもブログを書いていきますのでお楽しみにしててくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました