何がどうやってどうなることが妊娠なのかを知っておこう

FavoriteLoadingお気に入り追加する

私の祖母はコウノトリさんが赤ちゃんを運んでくるって言ってました。

子宝整体師のかねこやすしです。

 

妊娠ってどうなるのが妊娠?

 

これを知っていれば妊娠するためにはあなたの身体をどうするべきなのかがわかるので最後までご覧くださいね。

赤ちゃんがほしい、妊娠したいと

思っていても詳しくはわからなかったりする妊娠の仕組み。

妊娠の仕組みをお伝えします。

まず排卵と言うのは

卵巣の中にある複数の原子卵胞のうち1ヶ月に1回1つだけ成長し卵巣の外へ飛び出すことを言います。

排卵した卵子は卵管采に取り込まれ卵管の中に入ります。

そして排卵近くになると、精子が子宮に入りやすくなるように粘液が大量に分泌されるようになります。

セックスにより膣内に射精された精子が粘液を通り、

卵管にいる卵子と巡り合い受精します。

受精したら受精卵となり、子宮内膜に着床することで妊娠が成立します。

ちゃんと妊娠のステップがあります。

 

卵子はちゃんと精子を受け入れるための準備をしています。

 

受精して妊娠するために。

妊娠に関係する
卵巣、子宮、精巣などの器官は身体の一部です。

 

その器官が元気であれば卵子・精子・子宮内膜も元気になります。

 

器官を元気にするためにはあなたの身体を元気にする必要があります。

 

元気になる

 

これは絶対条件だと思います。

 

元気になる方法が分からないという方は妊活のサポートを受けることをお勧めします。

 

あなたに合った妊活のサポーター。

 

そうすれば一人で悩む必要はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました