あなたが妊娠しにくい原因はもしかしたらこれかも知れません

FavoriteLoadingお気に入り追加する

【超妊活】で全国の方をサポートしている子宝整体師の金子育司です。

 

活性酸素をご存知ですか?

 

活性酸素に悪影響を及ぼす食品、逆に影響を軽減させる食品が身につくので最後までご覧くださいね。

 

 

 

健康的な体を維持するためにデメリットの多い『活性酸素』

よく“体が錆びる”“体が酸化する”とか言われるのは、この『活性酸素』が要因です。

人間は呼吸で酸素を取り込み、臓器を動かすため活性酸素に変化させます。

活性酸素は体内で殺菌・消毒の役割を担いますが、必要以上に増えると

酸化ストレスの原因になるなど悪影響を及ぼします。

活性酸素を増加させる原因は

・ストレス
・睡眠不足
・大気汚染
・食品に残った農薬
・食品添加物
・ジャンクフード
・トランス脂肪酸
・酸化した油

これにより動脈硬化や癌、白内障などを引き起こしやすくなります。

妊活に関しては、

女性は

 

卵子の老化・減少や死滅、質の低下、

排卵や黄体機能(着床)障害

男性は

 

精子の減少や死滅、無力化、

奇形精子の増加につながります。

酸化ストレスを下げるには、

抗酸化力を上げる食品がお薦めです。

1.納豆、みそなど発酵食品

2.亜鉛

3.ビタミンE

4.ビタミンC

逆に一番食べてはいけないのが、

酸化した油です。

油は細胞膜を通り抜け、

細胞内に栄養を送る重要な役割を

しているのですが、

酸化した油は細胞膜を通り抜け、

DNAに傷をつけます。

もちろん卵胞細胞や子宮の細胞も例外なく

活性酸素の影響を受けます。

 

 

 

出産したら好きなだけ油物は食べられますので、妊活中は油物は控えたいところです。

 

 

でも何を変えたら良いのか分からない。

 

食事で不妊になるの?

 

と思っているあなたにはこちら。

 

あなただけの妊活サポートはこちらをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました