女性特有の冷え性

女性特有の冷え性

 

女性は妊娠に関係する様々なホルモンを分泌しています。

排卵を促す。

受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くする。

これ全てホルモンの働きによるものです。

ホルモンは血液によって子宮や卵巣に運ばれます。

しかし、体が冷えていると血液が滞り、目的の臓器にきちんと運ばれなくなります。

また、排泄機能が落ち、老廃物がたまってしまうので、子宮や卵巣が十分に機能しなくなり、妊娠しにくい身体になってしまいます。

冷えを改善して、妊娠しやすい身体を作りましょう。

 

当院では冷え改善に

内臓の施術にプラスして、高周波を使用します。

こちらは30分の時間で2時間30分マラソンしたのと同じエネルギーになります。

  • 「手足が冷えなくなった」
  • 「カイロを使わなくてもよくなった」
  • 「汗をかくようになった」
  • 「肌がきれいになった」
  • 「むくみが取れた」
  • 「痩せた」
  • 「化粧ののりがよくなった」
  • 「生理痛がよくなった」
  • 「妊娠できた」

これは実際の患者様の喜びの声です。

冷えのタイプ

あなたはどのタイプ?

・自律神経失調タイプ

季節を問わず体全体がいつも冷たく感じる。
便秘・下痢を繰り返したり、胃が弱かったり、頭痛や腰痛がある傾向。

・隠れ冷えタイプ

肩こり、腰痛、めまいなど、不定愁訴を持つ人が多い傾向です。
手足にほてりを感じたり前進にかゆみがあったりという症状がある場合があります。

・内臓冷えタイム

上半身はほてるのに、下半身は冷えるタイプ。
生野菜や果物、コーヒー、お茶、牛乳が好きで、生理痛がひどく、腰痛や便秘になる傾向です。

・血行不良タイム

貧血、低血圧、低体温のいずれか、またはすべてを持つ人に多い。

一年中体全体の冷えを感じる。

特に足先、手先が冷える。

基礎代謝が低いために何かをするとすぐにだるくなり、体力もあまりない人が多い。

・甲状腺機能低下タイプ

寒がり、低体温(36.4℃以下)、疲れやすい。

このタイプは便秘がちで太りやすく、肌や髪も乾燥し、汗がでにくい傾向です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました