着床しないのではなく、着床できなくなっているかも…

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

妊活をされている方、

 

特に不妊治療をしていると

 

受精しても

 

なかなか着床しないことに

 

悩んでいる人は多いと思います。

 

 

 

着床しない理由も様々ですが、

 

その中でも衝撃的な事実を

 

お伝えします。

 

 

 

それは

 

着床しないのではなく

 

“着床できなくなっている”

 

事実があることです。

 

 

 

体外受精を何度もしている人や

 

特に原因がないのになかなか授からない人は

 

もしかしたら

 

受精卵をダメにしてしまう体質かも

 

しれません。

 

 

☆着床できない衝撃の事実

 

2016年にアメリカの研究で

 

子宮内フローラが乱れていると

 

体外受精の結果が悪くなることが発見されました。

 

 

 

子宮内フローラが乱れると

 

受精胚を異物として攻撃してしまう可能性が

 

あるということが判明しております。

 

 

 

しかも、本来は受け入れられて

 

赤ちゃんになるはずの受精卵を

 

攻撃してしまうのは、あなた自身です。

 

 

 

これは妊娠を望むすべての人にとって

 

絶対に起こってほしくないことだと思います。

 

 

 

特に、体外受精などの高額治療を

 

されている人にとっては

 

とてもショックな事実だと思っています。

 

 

 

大変な思いをしてようやく出来上がった

 

赤ちゃんになるはずの受精卵が、

 

その質や着床するしない関係なしに

 

戻した瞬間、あなた自身の身体が異物だと思って

 

攻撃されてしまう…

 

 

これではせっかくの体外受精も

 

無駄になってしまいますよね。

 

 

 

そしてそのままでは、

 

タイミング法でいくら頑張っても

 

着床までたどり着きません…

 

 

 

 

なかなか妊娠しない人や

 

体外受精を何度もしている人は

 

子宮内フローラが乱れ

 

受精卵をダメにしてしまっている可能性があります。

 

 

 

☆胎児を感染症から守る役割

 

子宮内フローラが整っている状態は

 

善玉菌が多い状態です。

 

 

そして、腟内に存在する善玉菌は、

 

ウイルス感染や他の菌が増殖できない環境を作ることで、

 

胎児を感染症から守る役割をしています。

 

 

 

 

つまり、子宮内フローラを整えることは

 

妊活中の全てのステップにおいて

 

あなたの大切な赤ちゃんを守ることに繋がります。

 

・妊娠率を上げる

・流産を予防する

・生まれて来る赤ちゃんの将来の健康も守る

 

 

 

これらが、子宮内フローラを整えることで

 

期待できること。

 

 

そして

 

元気な赤ちゃんを出産することに繋がります。

 

 

 

一度イメージしてください。

 

あなたの赤ちゃんはどんな子ですか?

 

 

 

 

イメージ通りの元気な赤ちゃんを出産するために

 

あなたにできることは

 

子宮内フローラを整えておくことです。

 

 

 

あなたがあなたの赤ちゃんを

 

攻撃してしまう前に。

 

 

 

大切な赤ちゃんを守れる体を作りませんか?

 

 

 

着床しやすく、妊娠率の高い体は

 

子宮内フローラを整えることでつくれます。

 

 

そして、子宮内フローラを整え

 

赤ちゃんを守れる体をつくる方法は

 

そんなに難しくありません。

 

 

 

子宮=腸内環境

 

この関係になっているので

 

腸内環境を整えるだけで

 

子宮内フローラも整います。

 

 

あなたの赤ちゃんを守りませんか?

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました