妊娠率を下げるのは卵子の老化だけではなかった・・・

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

卵子の老化だけではなかった・・・

 

 

妊活中には良く

血流を良くしましょう。

 

とアドバイスされるかと思います。

 

 

 

血液は全身に大事な栄養を運ぶ

大切な役割があります。

 

よく言われるのが

「ウォーキング」

 

ウォーキングが選ばれる

明確な理由があります。

 

 

 

 

妊娠に近づくために大切なのは

『骨盤内の血流の改善と安定』

になります。

 

 

骨盤内の血流を良くすると、

 

分泌を促したホルモンや栄養が

 

しっかりと子宮や卵巣、

 

卵胞に届きます。

 

その結果、

 

卵の質が良くなり、着床しやすくなります。

 

 

 

 

★子宮も老化…

 

卵子の老化が起こるだけでなく

子宮も老化します。

 

 

 

子宮の老化が進むと、

着床する確率が低下します。

 

その結果

妊娠に至りません。

 

 

 

また、せっかく着床して

妊娠出来ても

流産したり、

早産の確率が

非常に高くなってしまいます。

 

 

 

妊娠率は、20代〜30代前半で25〜30%ですが、

年齢が上がるたびに妊娠率は低下していき、

40代では、10%以下と言われています。

 

 

体外受精や顕微授精で

受精を起こさせても、

妊娠率や出生率は低下します。

 

 

 

 

加齢とともに骨盤内の血流が徐々に低下すると、

どうしても卵子同様に

子宮も老化し

授かりにくくなってしまいます。

 

 

 

 

老化した子宮は

子宮内膜が薄くてゴムのような弾力がなく、

固くゴムが縮んだようになっていきます。

 

 

 

せっかく受精卵が出来ても

着床できない確率が高くなります。

 

 

 

そうならないためには、

骨盤内の血流を良くしておく必要があります。

 

 

★子宮を元気に若返り!?

 

 

妊娠率が低下し、やっとの思いで

宿った命が流産したり、

先天異常の確率が上がる子宮の老化。

 

 

子宮の老化を防ぐためには

子宮のある骨盤内に

十分な血流を増やすことが大切です。

 

 

 

体を冷やしたり、喫煙、添加物の摂取、

ストレスを感じる生活を続けると

子宮の血流が下がり老化が早まります。

 

 

 

元気な子宮は、

子宮内膜がふかふかで弾力があり、

受精卵がしっかり着床します。

 

 

 

そんな元気で若い子宮をつくるために

おすすめなのがウォーキングです。

 

ウォーキングで

 

子宮・卵巣を温めて

 

赤ちゃんを迎えに行ってくださいね。

 

子宮と卵巣を温める方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました