【号外】妊活を成功させるために必要な2つのこと

FavoriteLoadingお気に入り追加する

【号外】妊活を成功させるために必要な2つのこと

 

私は
『妊娠がゴールではなく、元気な赤ちゃんを出産し楽しく育児をする』

ことをゴールにしています。

妊娠がゴールでは決してないです。

妊娠は通過点だと思っています。

 

子宝整体師かねこやすしのサポートでは、

病院ではないので当たり前ですが

手術・投薬は行いません。

不妊外来では
妊娠しない結果に対して治療をします。

タイミングで妊娠しないから
人工授精、それでも妊娠しない場合は体外受精。

 

私は医者でないので結果には着目していません。

 

「なぜ妊娠しないのか?」

 

ここに神経を全集中させて考えます。

 

そうするためにも

生活習慣がとても大事な役割を果たしてくれます。

 

 

生活習慣も知らないで、妊活に良いことだけを無責任に言えないですからね。

 

 

 

あと一つサポートする上で大事にしていることがあります。

 

 

それは

妊娠しない原因を特定するために、

不妊検査を受けていただくことです。

 

 

妊娠しない原因は男性・女性ほぼ半々であり、男性の比率は決して低くありません。

たとえば男性側に原因があるのに、女性が一方的に妊娠力を高めても妊娠しないかもしれません。

妊活は二人でするものです。

 

そのためにも

男性女性二人で検査して欲しいと心から思います。

 

 

■検査について

検査は女性の場合、

初回検査では

問診

内診(子宮や卵巣の状態等)、

場合によって

血液検査やエコー検査

が行われ、

その結果にしたがって次回以降、

さらに精密な検査が行われていきます。

検査結果を翌週まで待たなければならなかったり、

自身の生理周期に合わせなくてはならなかったり・・・

思うようにすんなりとは進まず、

検査の期間は1〜2ヶ月かかることもあります。

費用は検査内容にもよりますが、

専門病院だと5000円前後、

公立病院では比較的安く、

一回1000〜2000円とばらつきがあります。

一般的には

以下のような検査が行われます。

【排卵障害】

血液検査(ホルモン量)、頸管粘液検査

【着床・内膜因子】

エコー検査

【卵管因子】

子宮卵管造影検査

【子宮因子】

エコー検査、子宮膣部細胞診

【子宮頸管因子】

フーナーテスト

【免疫因子】

精子抗体検査・クラミジア抗原抗体検査、

自己抗体検査

【男性因子】

精液検査、エコー検査、精索静脈瘤 他

男性の検査項目に比べて、

女性の検査項目は沢山ありますが、

項目は全部覚えなくても良いです。

そして、

検査するだけでも大変なのですが・・・

検査結果で「原因不明」とされてしまうケースが少なくありません。

これだけの検査項目があっても、現在の医学では、検査に限界があります。

 

 

そのために、

治療を兼ねた検査として、

タイミング療法、

排卵誘発剤、

人工授精、

体外授精・・・と

ステップアップしましょう。ってなります。

さらに、高度不妊治療(顕微授精等の体外受精)までいくと、

一回で50万〜80万以上と高額な治療費が必要になります。

 

検査を受けると、医師からは、不妊治療を受けるようにすすめられると思いますが・・・

『高額な費用負担のステップアップ』については、しっかり説明されることはほとんどありません。

そして、

『全ての不妊治療のステップを何度受けても、どうしても授からない』

という方が少なくないのも事実です。

では、

不妊治療の話はここまでにして『検査』に話を戻します。

不妊検査を受ける前に、絶対に忘れないで頂きたいことですが・・・

『不妊検査で悪い結果を聞かされても、決して落胆しないで下さい。』

夫婦の何に問題があるのか?

それだけでもわかれば十分です。

 

改善に向けて大きな一歩が踏み出せますし、悪い事は事前に知っておいた方が対策も立てやすくなります。

 

体に悪いところが見つかったら、それを治療することで解決でき、妊娠力を高めることができます。

その可能性を見極めるつもりで、検査にチャレンジして下さいね。

 

 

もし、

『原因不明』

という診断結果がでたら、目に見える異常はないけれど、『働きがにぶい』と思ってください。

 

妊娠体質をつくる方法はたくさんありますからね。

 

あなたに合った妊活を一緒に考えましょうね。

 

子宝整体師かねこやすし

コメント

タイトルとURLをコピーしました