妊活を頑張るあなたへ一通の手紙を書きました

子宝整体
FavoriteLoadingお気に入り追加する

想像して下さい。

 

人生を分けるその日がやってきた。

 

2人の運命を分ける出来事が。

 

それは令和2年10月。

 

赤ちゃんが欲しくて、子宝整体に通い出し始めた営業職の2人。

 

平日は仕事(9時から18時まで勤務)で、土日祝日は休み。

 

1人(以下Aさん)は仕事をしながら食事・運動などに継続して気をつけていた。

 

もう1人(以下Bさん)は仕事をしているので、休日はぐったり、休前日はパートナーと夜中までお酒。仕事のストレス発散のために楽しさを追求していた。

 

 

さて、あなたはこの2人をみてどちらが今後早い段階で妊娠すると思いますか?

 

 

 

後者を選ぶのではないでしょうか?

 

Bさんの方が楽しそうに見えますよね。

 

私も当然、Bさんを選びました。

 

妊活にストレスは天敵ですからね。

 

 

 

しかし、Aさんは妊娠するためにできることを毎日コツコツと継続されていて

芸能人の妊娠・出産報告が多くなり。

妊娠したい。

妊娠したいと心の中で強く思った。

 

その日は突然やって来た

 

2人とも妊活に対しての意識がどんどん変わっていく。

 

そしてその日は突然やって来た。

 

令和2年11月.。

 

 

コロナ禍の中、外出は控えながら

AさんとBさんは自宅でゆっくり過ごしていた。

 

 

 

 

Aさん妊娠しました

 

それから数週間。

 

2人に違いがはっきり見えました。

 

それはAさんが妊娠したのです。

たった数ヶ月の違いで・・・

 

二人の道を左右したものは

 

この二人の運命を分けたものは何だと思いますか?

 

私の個人的な答えは

「継続」

これ以上もこれ以下もない。

 

Aさんが妊娠するために継続していたものはこちらです。

・毎日食事に気をつけ腸内環境を改善。

・サプリも徹底。

・日用品も天然成分に全部変更。

・コロナ禍でも自分とパートナーの体質改善を図った。

・毎日の水分摂取。

・睡眠の質の向上。

・ファスティングのチャレンジ。

・子宝整体院への通院。

・私にたくさんの質問。

・妊娠することへの想い

 

これです。

 

これは子宝整体院への通院と同時にされていたもの。

 

それを今まで通り継続されていました。

 

病院の不妊外来では自然妊娠では無理だから人工授精にステップアップしようと言われていたのに。

 

自分の力で自然妊娠をされました。

 

 

継続こそ最高の財産

 

継続の大事さはお分かり頂けましたか?

 

継続が道を左右しています。

 

妊娠体質には継続して体質改善をするしかない。

 

きつい言い方ですが、自分が変わらないと赤ちゃんを迎えにいけません。

 

赤ちゃんはじっとしていたらきてくれません。

 

自分優先だと・・・

 

あなたには継続していることはありますか?

 

一つでも良いんです。

赤ちゃんに胸を張って会うために。

これだけは継続して妊活をしている。

妊活だと無理してやる感じがありますので、赤ちゃんを迎えに行くために一つでも良いからできないことにチャレンジする。

 

継続が与えてくれる宝物

 

ママになるという財産。

そしてパートナーにそっくりな赤ちゃんです。

 

 

あなたには2つの道があります

 

1つ目は

ママになりたい気持ちはあるがコロナや仕事でママになることを二番目にしている。

妊娠した人の話を聞くと悔しくて仕方ない道を進む。

 

2つ目は

コロナ禍でも妊娠したい気持ちが強くなり、大好きな赤ちゃんを迎えに行くために継続して体質改善を図る。

 

この2つです。

 

どちらを選ぶかはあなた自身です。

 

 

もし継続する環境を選ぶなら

目標を叶えたい人を全力でサポートします。

 

 

オンライン妊活セッション

 

個別サポート
これから妊娠するあなたへ。
妊娠力と妊娠維持力を高める3ヶ月の個別サポートです!
 
◇内容◇
【1ヶ月目】
◇東洋医学的、妊娠力を高めるケアお伝え
◇食事・生活習慣改善での妊娠力アップアドバイス
【2ヶ月目】
◇妊娠出産に向けてのメンタルケア
◇妊娠への意識の向けかた
◇1ヶ月の振り返りアドバイス
【3ヶ月目】
◇2ヶ月続けてみてのフォローアップ
毎月1回、zoomまたは電話カウンセリング(60分)
カウンセリング後のLINEでの相談やりとりもできます(無制限)

妊活セッションフォーム

妊活セッション申し込み

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました