妊娠しやすい身体を作るにはミトコンドリアの活性化が必須

FavoriteLoadingお気に入り追加する

こんなお悩みありませんか?

・疲れやすい

・しんどい

・何しても持続しない

・面倒臭い

・スタミナ不足で年齢を感じる

 

一つでも当てはまればこのブログがお役に立てると思います。

 

これらの要因を引き起こしているのが

なんとミトコンドリアなんです。

 

学生時代に生物の授業で習いましたよね。

 

そのミトコンドリアの働きにより、

妊娠しやすい身体に左右され、繋がっていきます。

 

妊娠しやすい身体を作るのに代謝は必ず必要です。

 

その代謝にはミトコンドリアの活動も含まれます。

 

ここではミトコンドリアの数を増やして

元気にする方法をお伝えします。

 

ミトコンドリアとは?

 

ミトコンドリアは細胞の中にある真核生物の細胞小器官です。

 

細胞は2重の膜、細胞膜の中は液状で、

細胞核とミトコンドリアで構成されています。

 

ミトコンドリアを増やすと体力がつき、長生きできます。

 

ミトコンドリアは、

摂取した食べ物、

脂肪、糖質、タンパク質と酸素を取り込みます。

 

取り込んだ脂肪、糖質、タンパク質、酸素はATPに変わり

 

ATPは1日50kg作られ

 

エネルギーとして消費されます。

 

 

ミトコンドリアは発電所の様ですね。

 

 ATPエネルギーは脳、心臓、筋肉などの機能で消費されます。

 

ATPとは?

生体内でエネルギーの「通貨」としての役割を果たす物質。
アデノシンに3つのリン酸がつながったもので、
そのうちの端から2つが高エネルギーリン酸結合をしているため、
加水分解されてリン酸が1つとれてADP(アデノシン二リン酸)、
さらに1つとれてAMP(アデノシン一リン酸)になるときに
大きなエネルギーが解放され、
それが各種の生命活動のエネルギーとして利用される。

ミトコンドリアの増やし方

 

普通のペースの歩きでは効果は薄いです。

 

早歩き3分→普通の歩き3分(インターバル)

 

これにより、増える効果が出ています。

 

1分でも効果的です。

 

運動に負荷をかけると血圧が下がり持久力も向上します。

 

 

ミトコンドリアはエネルギーが足りないと感じた時に増える。

 

細胞の中でATPがなくなると

 

ミトコンドリアを増やす仕組みが働きます。

 

 

これはとても重要です。

 

ATPは少し辛いと思う運動を1分継続することにより、

ミトコンドリアのスイッチが入ります。

 

 

それでミトコンドリアが増えていきます。

 

 

少しきつめの1分以上の有酸素運動が適しています。

 

妊活で大事になるのがミトコンドリアです。

 

ミトコンドリアを増やして

活性化させてくださいね。

 

全て代謝をあげることに繋がります。

 

いつもは電車の道中も一駅分歩く。

 

車で買い物も、歩いていく。

 

エレベーターを使わずに階段を使う。

 

 

毎日できることから変えていって

あなたのペースで妊活を進めていってくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です